読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカにつけるクスリ

ほんとにないのか、探し続ける日記。

ブログをはじめてみる

キッカケは、フリーライターの彼氏に、「もっと仕事を楽しんでいると思ったのに、ちがうね」と言われた事だ。

 

ブログは仕事ではないが。

 

私は、広告代理店のデジタルマーケティング領域を担当するグループ会社で働いている。

コピーディレクションとWEBディレクションが主な仕事だ。その他に、Iot関連のUIにもたま~に関わる。

 

私はもともとコピーライターで、デジタルマーケティングに関してはほぼ未経験。得意かどうかもわからない。仕事しながら勉強中といったところか。

 

彼はフリーランスだから仕事が選べる。依頼する人も、課題に対して得意な人を選出するのでストレスは会社員より少ないはずだ。

彼は、広告とちがって出版がメインなので名前がクレジットされるし、「○○書きました~」と言えて仕事そのものが営業になる。

 

広告は、そうはいかない。たっっくさんの人があーでもない、こーでもないといい、いざ制作に入ると営業・クライアントから血だらけ(←朱書きのこと)の修正がくる。

 

褒められることなんて、滅多にない。採用されようがされまいが、常に嫌みしか言われない。関わっていない人が、ポジションが上というだけで「自分がやりました」と手柄にする場合も茶飯事だ。

 

そんなこんなで、毎日、不満と混沌とした中にいて、少し自分の視点でアウトプットしたいと思った。会社では、8割がた、自分を押し殺して「はい、はい、そうですね」と頷いているのだから。

 

一介のOLであるが、自分の考えているあれこれを整理する意味でも、ブログを書こうと思った次第です。